杉並区の一戸建てなら「センチュリー21総合住販」がBest!

No Comments

大正から昭和にかけて、東京近郊の別荘地として「西の鎌倉、東の荻窪」と称された歴史を持ち、それ以来、昭和の時代に内閣総理大臣であった近衛文麿が別邸として「荻外荘(てきがいそう)」を構え、井伏鱒二や太宰治、そして棟方志功や遠藤実と言った文化人が多く住んだ、閑静な住宅地である「荻窪」を有する杉並区。

ここでは杉並区を中心に、不動産のトータルサポート会社として利用者から高い信頼を得ているセンチュリー21総合住販をご紹介したいと思います。
詳細は>>こちらをご覧ください!

こちらの会社では、「杉並区の不動産をお探しなら、センチュリー21総合住販の杉並区専門サイトにおまかせください!」の標語通り、地域密着型の会社として顧客第一主義を掲げ、総合不動産サポート企業として地元の方々に親しまれています。
センチュリー21総合住販の特徴として、「現在の登録物件数」と「今週の新着情報」を常時更新しながら、ホームページ上で公開している点にあります。

取扱い物件については、価格はもちろんのこと、敷地と建物の面積、家の間取りや駅までの徒歩時間などが掲載されていますので、現地を見学する前に自分なりのイメージをつかむことができます。
こちらの会社では、新築や中古の一戸建てをはじめ、新築と中古のマンションも取り扱っています。

杉並区で一戸建てやマンションをお探しであれば、ぜひセンチュリー21総合住販に相談されることをお奨めします。

西新井に完成する近未来のマンションです

No Comments

http://www.leben-style.jp/search/pj-kohoku/東京23区の東部に位置する足立区の西新井と言えば、交通の至便な地として知られています。東京メトロ日比谷線と直結する東武伊勢崎線が延び、またその西側には、新交通システム日暮里・舎人ライナーも走ります。都心への通勤・通学には絶好の土地ですね。

そんな西新井の地には、新たなマンションが続々と誕生しているのですよ。西新井のマンションホームページではこちらが一押しです。

「レーベン江北ブロードスクエア」は、利便性・快適性・そしてエコロジーのすべてを両立した、正に近未来のマンションです。

マンションから徒歩4分の場所には、日暮里・舎人ライナーの江北駅があり、山手線との乗換駅である西日暮里駅まではわずか9分です。江北駅から東京駅や大手町駅までは19分、池袋駅までもたったの20分です。オンの日もオフの日も楽しめるマンションですね。

またマンションの近くには、西新井大師をはじめとして、公園や教育機関など、様々な施設がとても充実しています。スーパーやコンビニなども近いため、普段の生活で困ることはまずないですね。

そして、こちらの「レーベン江北ブロードスクエア」に住むと、太陽光発電とオール電化を組み合わせることによって、月々の光熱費を約42%することが可能です。お財布にも地球にも優しい生活が送れるのですね。

あなたも、西新井の地で近未来のマンションライフを送ってみてはいかがでしょうか?